壁や床などに付着したカラーはどうする?

浴室の壁や床に付着すると意外と落ちないカラーリング

こんにちは、美容師ブロガーひろしです。


カラーリング(髪染め)をするといつの間にかあちこちに付着させてしまい、
染まってほしくないところまで染まってしまうことがあります。


大体はすぐに洗い流せば大丈夫ですが、時間が経過してからふと気がつくことも多くて、
そうなるとなかなか簡単には落ちないんですよね・・・



とくに染まりやすいとされるものほど壁や床に着色しやすく落ちにくいようです。





白髪染めが髪以外で付着してしまう場所は、手や肌などが最も多く、次に浴室の壁や床、浴槽、そして服やタオルの順です。



誰でも白髪染めが慣れないうちは何度か経験する出来事ですが、家族で使ってる浴室を汚してしまった日には・・・みんなからの非難の嵐が待っていますよ。(苦笑) 



周りを汚さず染めることがもちろんベストですが、白髪染めを浴室の壁や床に付着させてしまった時の対処法と、浴室で白髪を染める前にしておきたい付着予防方法を教えます。

浴室の壁や床に付着してしまった白髪染めを落とす方法


一般的なシステムバスなどの浴室の壁材に使われている樹脂系(FRP)のような硬くてツルツルした材質は、比較的汚れが落ちやすく対処ができます。


しかし、吸水性があり水が浸透してしまう壁材は完全に落とすことが難しいです。



白髪染めが付着してすぐの場合は水で洗い流したり石鹸やお風呂洗剤を使ってこすると、比較的簡単に汚れが落ちます。



少し時間が建ってしまった汚れにはメラミンスポンジの利用がおすすめ。ただ、力任せにこすり落とそうとすると、壁や床に施されている加工がはがれてしまったり、表面に細かい傷などが付く場合があるので気をつけてください。



ここからの方法に関しては目立たないところで試してからにしてほしいのですが、お風呂洗剤を使っても落ちない場合は、除光液をコットンなどにたっぷり含ませたものを汚れた箇所に貼り付けます。様子を見ながらこすり落としましょう。



それでもダメならハイターなどの塩素系漂白剤を直接つけてキッチンペーパーなどをその上に貼り付け30分ほどそのままにしておきます。その際さらに上からラップしておくとパック効果で汚れが落ちやすくなりますよ。



塩素系、漂白剤を使用する時はビニール手袋などを使用して、浴室を十分換気することもお忘れなく! 



浴室の壁や床の素材も豊富なので、すべてに対応できるというわけではありませんが・・・ 
お役に立てる情報があれば幸いです。参考にしてみてくださいね。

この3つに気をつけよう!白髪染めで浴室を汚さない方法


白髪染めをしている最中や、白髪染めを使用後にシャワーで洗い流そうとした時など、ふいに壁に飛び散って付着してしまう・・・ 


「しまったっ!」「どうしよう・・・」となるわけですが、気がついた時にできるだけ早く対処しなければどんどん落ちにくくなってしうので気をつけてください。



時間が経つほど着色して完全に落とすことが難しくなります。



シャンプーやトリートメントタイプの白髪染めはお風呂場で使いますし、その他の白髪染めを洗い流すときにもお風呂場を使いますよね。注意してるつもりでも汚してしまいやすい場所なんです。できるだけ付着予防方法を事前にやっておきましょう。



例えば、乾いている状態の壁や床などに付着した場合色がつきやすい傾向があるので、使用する前に水などで濡らしておくと着色しにくくなり、付着しても色が落ちやすくなります。 



というわけで、染髪する際の染料の飛び散りを防ぐ秘訣としては、



 1.浴槽やユニットバスの壁に水をかけておき、汚れが付いてもすぐ流せるようにしておく
 2.染髪する時は汚れが飛び散らないようにできるだけ動作を小さめにする
 3.髪を洗い流している時が壁に飛び散りやすいので、動作を最小限に抑える



以上の3つです!



ちょっと面倒ではありますが、浴室内に古新聞などを貼っておくのも付着予防の1つですよ。



水を流すだけでは色が落ちにくい場合、メラミンスポンジや塩素系の漂白剤を使用する方法もあります。浴室や浴槽に使われている素材を調べてからお試しくださいね。