じつは夏だけじゃダメ、髪の紫外線対策!

こんにちは、美容師ブロガーひろしです。

女性の天敵「紫外線」はシワやシミなどの肌を老化させるだけでなく、髪も老化させることを知ってますか?


太陽光とともに年中降り注いでいる紫外線は、春頃から増え始めて日差しの強くなる夏にピークを迎えます。



お肌の紫外線対策は徹底的にやっている女性でも、髪の紫外線対策はついつい忘れがち。かなりのダメージを受けているかも?! (焦)



そもそも、私たち地球上のあらゆる生命体は、太陽光が与える天候や自然の営みによる恩恵を受けて日々の生活をしています。



人体に対する紫外線の役割としては、カルシウムの吸収率を上げるビタミンDを合成させて骨を強くしたり、血行や新陳代謝を促進させる効果のある健康づくりに必要なものでもありますが、過度に紫外線を浴びると皮膚がんなどを引き起こす発がん性もあり、髪にも知らず知らずのうちに負担を与える事に・・・



ダメージを受けて傷んだ髪は見た目や手触りが悪くなるだけでなく、色落ちしやすくい状態になります。日差しが強くなってから紫外線対策をするのでは遅く、髪にも日頃からのケアが必要というわけです。


紫外線対策をしていない無防備なままの髪は、常に露出した状態で太陽光を直接受けています。


日常生活の中で髪が浴びている紫外線量は、なんと顔の5倍以上!!



「知らなかった」じゃ済まされないほど、私たちが思っているよりもずっとダメージは深刻なのです。(泣)



太陽光と紫外線が髪に与える影響とは?





太陽光はメラニンを分解して髪色を変色させる!



太陽光は髪の色の元となっているメラニン色素も破壊し、キューティクルにもダメージを与えます。また、水分と反応しやすので海水浴やプールなどで濡れた髪のままので強い日差しを浴びると、髪の表面や毛先の色が抜けやすくなってしまいます。



つばの広い帽子をかぶったり、日傘をさすなどして直接太陽光を浴びない工夫をしましょう。





紫外線によるキューティクルのダメージが髪内部の染毛料を流れ出やすくする!



紫外線は毛の主成分であるタンパク質の結合を分解してしまい、髪の表面を保護するキューティクルの層を剥がれやすくします。その結果、枝毛や切れ毛を引き起こして見た目や手触りが悪くなったり、シャンプーのたびに白髪染めが落ちてしまう原因になってしまいます。



白髪染めの色落ちを防ぐためにも、髪のUVケアができるヘアクリームやスプレータイプの日焼け止めの使用をおすすめします。


強い日差しの中で過ごした日は、日焼けでダメージを受けた髪のキューティクルをしっかり補修してあげる必要があります。



紫外線の影響でキューティクルが剥がれやすい状態になっている髪は、ブラッシングやタオルの摩擦でもダメージが大きくなってしまいます。キューティクルを補修してくれるシャンプーやトリートメントでケアしたら、ブローする前に流さないトリートメントなどで保護するとさらに効果的ですよ。



とくに、海水浴を楽しんだ後は要注意! 



海水に含まれる塩分が髪内部の水分を蒸発させ、濡れたままで紫外線を浴びるとますます髪のタンパク質が破壊されてしまいます。こまめにタオルで拭き取ったり水で洗い流すなどして、できるだけ早く乾かすようにしましょう。頭皮が赤くなっている場合はすぐに冷やして下さい。



肌と同じように髪や頭皮のUVケアをお忘れなくやっていきましょう。