白髪染めをするまでの間隔をできるだけ空けたいなら


1度白髪を染め始めると悩みのタネとなるのが、次に染めるまでの「憂鬱な期間」です。


白髪ケアを手抜きしているように見られるのは嫌だけど、髪や頭皮への負担が気になったり、
染めるタイミングがなかったり、キレイな髪色を常にキープするのはなかなか大変。



色落ちして白髪がキラキラと目立ち始めたり、伸びてきた根元の白髪を見つけると、憂鬱な気分との戦いになるんですよね。



ヘアカラー、ヘアマニキュア、カラートリートメントなど、白髪を染める方法や色持ちの期間に差はあるものの、
どのように染めても時間の経過とともに白髪が目立つようになります。(泣) 



色落ちさせない工夫やコツを取り入れることも染め上がりのキレイな髪色をキープするポイントですが、
憂鬱な期間も工夫できることはたくさんあります。



次に白髪を染めるまでの間隔をできるだけ長く、楽しみながら乗り越えましょう。

髪は、顔と同じように第一印象に影響を与えて、見た目年齢を大きく左右するといいます。


ちょっとの工夫でうれしい若見え効果が期待できるものもあるので、ぜひ試してみて下さい。



◆パサついた髪はNG!保湿をしっかり!
まとまりのないパサついた髪は、疲労感が出るだけでなく老け見えの原因にもなります。保湿効果の高いシャンプーやコンディショナーでしっかりケアしてあげましょう。



◆オイルやスタイリング剤で髪に若々しいツヤ!
若々しく健康的な髪には自然なツヤがあります。オイルやスタイリング剤で髪にまとまりとうるおいを与えましょう。



◆生え際や分け目が目立ちにくい髪型にする!
白髪が目立ちやすいのは、顔周りの生え際や頭頂部の分け目など、髪の根元や頭皮が見える部分に集中しています。 髪を下ろしたり、まとめたりする時にも、顔周りを隠したり分け目をはっきりとさせないふわっとボリュームのある髪型がおすすめです。


美髪づくりは健康な頭皮から!頭皮環境を整えて白髪予防
やはり日頃のヘアケアは大切、とくに白髪、髪のパサつき、ボリュームなど、髪の悩みが増え始める40代からは、
若い頃とは違った手入れが必要です。白髪そのものを生えにくくするためにも、頭皮環境を改善する頭皮ケアがおすすめです。



◆育毛剤で髪や頭皮に栄養!
髪が育つ土台となる頭皮が元気でなければ、健康的な黒髪が生えません。頭皮は加齢やストレスが原因で血行不良を起こしやすく、十分な栄養素が隅々にまで行き届きにくい場所です。育毛剤で早めの頭皮ケアを始めましょう。



◆髪に良い食事で白髪予防!
美しい黒髪を育てるには頭皮の健康が必要不可欠です。髪が育つために必要な栄養素を食事から取り入れましょう。


染め上がりのキレイな髪色をできるだけ長くキープして、次に染めるまでの間隔を空けたいと思うのは皆同じはず。
白髪を染めている方なら誰もが経験する「憂鬱な期間」も、前向きに過ごせるよう工夫を取り入れてみてはいかがでしょうか。